Gunma Victory Works Mountaibike Park

群馬ヴィクトリーワークス株式会社

群馬ヴィクトリーワークスマウンテンバイクパーク(GVW MTB PARK)は

群馬県前橋市にある自転車教室アタック「㈱ディライト」が運営しています。

走行希望の場合は以下の注意事項を確認の上、ご連絡ください。

コース内容

下り斜面にジャンプやバームなどが連続して造られています。

 

プッシュやプルなどのテクニックが無くてもある程度スピードが出て浮きやすくなっているので

ジャンプ未経験の人でも浮遊感を楽しめるようになっています。

 

また、各セクションは途中漕がなくても飛びきれるようになっているので

どの程度のスピードでセクションをクリアできるか悩む必要がありません。

 

小コース(距離約350m 標高差約30m)

大きさが小さめ、飛び出し角度緩めのセクションが続きます。

ジャンプはすべてテーブルトップになっていて飛びきれなくても大丈夫です。

 

中コース(約200m 標高差約20m)

中くらいの大きさ、飛び出し角はほどほどです。

ジャンプはキャニオンがいくつかあります。

セクション間が近いので、忙しい感じです。

 

大コース(約200m 標高差約20m)

大きくて長めのキャニオン、が続きます。

飛び出し角は、ほどほどです。

キャニオンになってますが、トップの平らな部分が長めでケースしても比較的大丈夫です。

登りは自力で、漕ぐ又は押して上がります。

 

営業期間 11月~12月末 4月~6月

夏は暑くて虫が多く、冬は霜柱と路面凍結により走行できません。

営業期間内で走行できる日は以下の通りです。

走行料金は大人も子供も同額になります。

車一台につき¥300-の駐車場代を頂きます。

撮影走行会

秋と春に各一回、

映像を残すためのイベントを

行う予定です。

 

なるべく大勢の人に

参加して欲しいので、

参加料金を他の走行会より

低めに設定します。

一般走行会

一般走行会は、

基本的に営業期間中の土曜日に

開催します。

 

路面コンディションなどを考慮して

開催するので、

前もって開催日を決める事が

できません。

 

開催が決まった場合は数日前に

フェイスブックのIRJPページで

お知らせします。

 

2018-2019シーズンは

1日¥3.500-(税込)で

走行できます。

 

オーダー走行会

5人以上まとめて来場の場合

こちらが決めた走行会以外の

好きな日に走る事ができます。

 

この場合、一人当たりの走行代は

グループ割引込みで

¥3.000-(税込)になります。

 

5人に満たない場合でも

ご連絡頂ければ

こちらがフェイスブックで

他の走行希望者を募ります。

 

他の走行希望者と合わせて

5人以上になれば走行会をしますので

走りたい希望日がある場合は

早目にご連絡ください。

 

但し、

管理人の都合で

希望に添えない日もありますので

ご了承ください。


グループ割引

 

パークの維持管理やWEB管理等々、ほとんど一人でやっているので

参加者が増えても管理人の負担が増えないように

4人以上まとめて申込して頂くと、

¥500-/1人割引するグループ割引を行います。

 

グループのリーダーに参加者の情報等をまとめて連絡して頂く事と

こちらから参加者の皆さんに伝えて欲しいことを転送して頂ければと思います。

パーク貸切

上記走行会以外では、¥54.000-(税込)でパークを貸切できます!

駐車場代¥300/1台は別途必要になります。

車40台、100人まで受入可能です!

メーカー試乗会、ショップ走行会などに是非活用してください!

走行会一日の流れ

 

8:00 バイシクルスタジオアタック集合

場所はwww.delightbike.comの「店舗案内」を参照ください。

 

参加費をお支払いいただいた後、誓約書に署名してください。

簡単なミーティングの後、コンビニ経由でパークに向かいます。

 

パークに来た事がある人は現地集合でも大丈夫です。

但し、釣り銭が無いように参加費を持ってきてください。

 

 

9:00 走行開始

食事・休憩は各自好きなタイミングでとってください。

食べ物・飲み物は各自用意してください。

ごみは各自持ち帰ってください。

 

15:00 簡単な整備の後、終了・解散。

 

注意事項

パーク及び駐車場は禁煙です。

喫煙したい場合は各自の車内でお願いします。

イベント中の怪我に関しては一切の責任を負いませんので、各自で保険等加入してください。

 

 

その他諸々

路面があまり凸凹していなく、スピードもそれほど出ないので、バイクはハードテールがお勧めです。

 

途中漕がなくてもジャンプが飛びきれるようになっているので、シングルスピードのジャンプバイクでも楽しめます。

但し、フロントブレーキはあった方が良いと思います。

 

ドリフトしても路面を痛めても失敗してセクションを壊してもOKです。

但し著しく壊れた場合はできるだけ修正してください。

 

コーナーもあるのでブロックがあるタイヤをお勧めします。

 

パークの最新情報はIRJPフェイスブックページで紹介しています!

 

👍いいね!をして最新情報をチェックしてください!